補聴器 オムロン 補聴器カテゴリの記事一覧

補聴器を付けていると::補聴器




スノーボードのスクールについての質問です。耳の不自由な友人がボードを始めるの...

スノーボードのスクールについての質問です。耳の不自由な友人がボードを始めるのあたってですがスクールは教えてくれるのでしょうか?補聴器を付けていると多少は聞こえ、口や表情を見て認識しています。山形蔵王か白馬近辺、兵庫辺りがいいですがありますかね?個人講習だと講習料金はどれ位でしょうか?

私はスクールの関係者ではありませんが、一緒に行く人がいて、その人が補助をするので・・・といえば
大丈夫ではないでしょうか。

おそらく、スキー場のようなだだっ広い場所では補聴器はあまり役に経たないと思うんですが、
要するに滑り方のコツと、号令が聞こえればあとは視覚でなんとかなりますよね。
健聴の友達に隣にいてもらって、コツのところは「〜なんだって」とか説明してもらい、
号令の時は先生に手を上げてもらうように頼めば問題ないでしょう。

特に問合せとかしなくても、その場でちょっと説明すれば大丈夫ではないかと思うんですけれど、
心配なら問合せした方がいいかもしれませんね。

多分、普通にスクール行っていきなりだと、断られると思います。
問い合わせをしまくっても受け入れてくれるかどうかはスクールの校長次第だと思います。
行く事が可能な範囲のスキー場のサイトからスクールを探し、片っ端から電話やメールで問い合わせしてみてください。

ボランティア関係も当たってみたほうがいいかも。

白馬からはややずれますが、長野県大町の爺ヶ岳スキー場の
岸正美スノーボードスクールに聴覚障害のインストラクターがいます。
「手話」で教えてくれるということですので、手話を使う方なら
問題ないでしょうし、口話(読話)中心の方でもわかりやすいのでは
ないかと思います。

有名私立小学校・中学校ってありますよね。 例えば、青○学園、○城学園・・・など...

有名私立小学校・中学校ってありますよね。

例えば、青○学園、○城学園・・・など、芸能人のご子息が多くいる学校。

やはり、障害者はいないのでしょうか?
(知恵遅れやダウン症など)

そんな私立小を出ました。
耳の聞こえにくい同級生はいました。
(正面から話しかければ問題ない、授業も
最前列中央で聞けば補聴器でなんとかなる)

学年が違いましたが手の指が5本ない子はいました。

考査は、親面接、本人面接、ペーパーでした。



少ないけどいるでしょう。しかし障害の程度によるでしょうね。教育の機会均等の精神から門前払いは出来ないと思います。

私立では独自の入学基準や試験を行っていますからまずいないのでは?
私も私立一貫校でしたが、いませんでしたね
設備などある程度の基準が決まってなかったでしたっけ?

願書の受付から門前払い、ということはできないでしょうが
実際入学試験をしてふるいにかけているので、
知的障害のある子どもはまず無理でしょう。

頭の働きには問題のない、肢体だけの障害のある子なら受け入れる可能性はあるでしょうが・・・。

知恵遅れやダウン症だったら、そもそも入試に受からないのでは・・?
身体障害者だったら、その程度によっては入学できるとは思います。特にキリスト教の学校だったら絶対差別的なことはしないと思います

私立の小学校や中学はちゃんと試験をして入学するんですよ。

障害者だって試験をパスすりゃ〜入れるだろうに!ただし・・・知的障害だと受験する子だっていないぞ!!
考えりゃ〜分かるでしょ!

友人のA子が元気がありません、最近店に来る中年の婦人に嫌がらせを受けているよ...

友人のA子が元気がありません、最近店に来る中年の婦人に
嫌がらせを受けているようなのです。接客業は客を選べません。
彼女は片耳が生まれつき聞こえません、補聴器も効きません。
正常な耳に集中して今まで問題を起こすことなく勤務してきた彼女です。
最初その婦人は会計のときに商品の商札をはずすように言ったのですが
聞こえなかったA子はそのまま会計を済ませていました。客は大声で怒鳴り
始めたので他の社員に教えられたA子は直ぐに謝罪し訳を説明しましたが
聞く耳を持たない婦人は暴言を残しさっさと帰られたようです。
月に一度来店して、わざと小さい声で注文しA子をいたぶっているようです。
まるで自分のストレス発散の対象に利用しているようにしか思えません。
こんな理不尽な相手に対して、どう対処したら良いのでしょうか?
今の仕事をやめろというのは無しですよ。

そのお店全体で対処しなければなりませんから、
ここで何を言っても難しいのかもしれませんが
上司なりに相談した上で担当を替えてもらうしかないのでは?

ただ、避けていると思うと相手は余計腹が立つでしょうから
上司から一度、彼女の知覚障害について説明をしてもらって
コミュニケーションに多少のばらつきが出てしまうことがある、
お客様は上客であるからこそ、次回からは別の人間(上司だとなお可)が
担当させていただくことになった、という感じでお伝えしてみる
というのも一つの手かもしれませんね。

その後も来店されるようでしたら店にも損害はないし。
彼女は彼女で自分から挨拶なり、笑顔でお迎えだけはしておいて
取引には一切関わらないようにすればいいんじゃないかな。

今の時点ではクレーマーというほどでもないですし、
客商売なんですから、出来るだけお客さんに恥をかかせないように
してあげた方がいいと思いますよ。

お友達自身はどう思ってますか?

そのご婦人が、彼女のハンディを知ったら、
己のしたことに恥ずかしさを感じるでしょう。

ハンディがなくても嫌がらせなどは、必ず自分に返ってきます。

もし、彼女が真面目に仕事をしているのなら、
何も心配いりません。

ハンディを知っていて嫌がらせをする人もいます。おそらく問題の客は醜く、A子さんは美人ではないでしょうか。声が小さい方がいらした場合には、必ず近くにアシストをつけるようにすれば問題はなくなると思います。普通はありませんのでその方がいらした時だけでも良いと思います。また、本人次第ですが、見かけだけでも補聴器をつけてもらった方が今後のためにもいいのかもしれません。また、たとえば右が聞こえないのでしたら必ず客の右側に付くことでカバーするという対策も考えられます。左が聞こえないなら左側です。

回りの同僚の問題です。
彼女が怒るわけにはいかないというのは仕方のないこと。
でも、周囲の店員が、マナーの悪い客に対してフォローが
できないというのが問題です。
いやな客。。。クレーマーといいますが、クレーマーは客
ではありません。そのあたりをキチンと対応できる接客方法
をお店が取るべきですね。
個人の問題ではありませんから。

ハンディの事を知ったうえでも、意地悪をするんですかー。

世の中、甘くないってことを教えてあげるわ!って感じですかね?
普通に業務をこなせないんだからやめろ・・みたいなそのお客さんには自分の中での正当化された理由を持ってるんでしょう。訳を話しても耳には入ってないかもね。

気の毒ですね。
何を言っても、向こうは理屈をこねるでしょうし、月に一度ならやっぱり我慢するとか努力で克服するようにしたほうが・・・。
今まで周りがいい人ばっかりで恵まれてたんですね。
あとは他の人に接客してもらうとかできないんでしょうかね。

気に入らないなら、客は店を選べるんだし来なきゃいいのにね。

、高校は聾学校へ行くべきか、普通のトップ校へ行くべきか迷ってると

、高校は聾学校へ行くべきか、普通のトップ校へ行くべきか迷ってる・・・、聞こえの程度は左耳は全くきこえなくて、右耳が補聴器を付けてなんとか普通にと言う感じです。具体的に右耳は90デジベルくらいです。進学校へ行ってもついていけなかったら困るし、聾学校へいっても、勉強が遅れたら困るし、手話も完璧にできないし、微妙なとこで迷ってます。


貴方が将来何をしたいか・・・

たとえば・・・
聾学校の先生になりたいと思えば、聾学校へ行くほうがいいでしょ。。。

私の知り合いの聾唖者の弁護士は聾学校出身です。(全く聞こえません)
仕事も手話通訳の人が何時も一緒です。
視覚障害の弁護士は盲学校出身です。

まず、将来を見つめることから始めてください。
良い結果が出ますように。

*弁護士を聾者と書きましたが、聾唖者の間違いでした。。。書き直しています。
また、視覚障害者の弁護士は全盲です。



質問者さんは厭味なんか一言も言ってませんよ。
文章も別におかしくはないと思いますが、
もしも多少劣っていたとしても仕方がありません。
だって、質問者さんは中学生なんですよ。
あなたのように意味のわからない、
ただ人を不愉快にさせるだけの回答を書いてる人より
ずっと良い人間に見えますが・・・

質問者さんへ私からの回答なんですが、正直、
耳があまり聞こえないというハンデは、進学校では厳しいんじゃないでしょうか?
手話はこれからあなたにとって確実に必要になってくるものだと思います。
完璧に覚えるためにも聾学校へ行く方がいいように思います。

中学だってやってこれたんだから、高校でも頑張れるはず!!「手話」は「並行」して学べばよい。俺的には進学校が良い結果を産む可能性があると思う。

私があなたの保護者だったら、普通校にしたら、
と言うと思うんです。
世間体とかじゃなくて、普通校のほうが可能性広がる気がするので。
夏休みの学校見学があると思います。
よーく見て、よーく考えて、自分の進む道を探してください。

↓↓すごい!!知らないことだらけで安易な回答をしてしまった自分を反省します。

1. ろう学校に行くと必ず手話を学ばなければならない訳ではありません。
2. まずご家族と話して、それから最寄のろう学校を訪問してみてください。そこへ進学しないにしても、相談にのってくれたり、いろいろな情報が得られます。
(3) あとは、あなたの障害が進行性のものであるかどうか、それぞれの学校で何がしたいかなど、相談しながら考えてください。

まず、ろう学校の事情について書きますね。今、全国の盲・ろう・養護学校で「特別支援プログラム」というのが実施されつつあります。これは、ろう学校であれば、聴覚障害児・者を教えてこられた先生方のノウハウを普通学級に通うろう学生にも還元しようというものです。一般の学校に通いながら、ろう学校の先生方のサポートを受けることも出来ます。進学するかしないかという今の悩みも含めて、最寄のろう学校に足を運び、相談してみてください。
時間はまだありますよ。

あなたの聞こえが、今後更に落ちていくなら、聾学校が適切だと思います。
だけど、現状を維持できるなら、ぜひ、進学校……と言うより、普通校に進んで貰いたいと思います。そして、そこで、他の生徒さんと同じように精一杯学んで下さい!
もし、授業が聞き取りにくい等の困難があったら、どんどん学校に、社会に訴えて、障害があっても普通校で学べる状況を「開拓」して欲しいと思います。
より大変なのは、普通校だと思いますが、あなた自身にも、学校にも、学友にも、社会全体にも意義があると思います。勿論、聾学校の重要性は言うまでも無いですが!
いずれにしても、どうぞ、楽しい充実した学校生活を送って下さい
「進学校」なんていう学校は存在しなくて、
学校ごとに校風や、方針があるのですから、
目標とする学校に尋ねてみるのも手
じゃないですか?事前に連絡をして行って、
進学相談にも乗ってくれるはずだと思います。(公立ですよね?)

教育委員会に相談してもいいかも知れません。前例のない話ではないように
思います。

補聴器の「シーメンス」は、「シーメンス事件」を起こした企業と同一ですか?

補聴器の「シーメンス」は、「シーメンス事件」を起こした企業と同一ですか?

その様ですね。その意味で補聴器の「シーメンス」は
長い歴史を持つ会社と言えます。

事件を起こした会社が良く残っている、と疑問に思われるかも知れませんが
企業は不祥事では簡単に潰れません。
例えば、足尾銅山事件を起こした会社もその系列企業が今もあります。

50台半ばのおじさんですが、老人性難聴でギャルの声やウインカーのカチカチ音が...

50台半ばのおじさんですが、老人性難聴でギャルの声やウインカーのカチカチ音が聞こえません。ギャルの声は煩いから聞こえないほうがよいのですが、ウインカーの音は聞こえないと安全運転に差し支えます。
いろいろな自動車メーカーに問い合わせても、大きい音の出るリレーはないとの返事でした。
トヨタのマーク2に乗っていますが、よい解決策を教えてください。


目前に50才という壁が迫ってきている者です。
「補聴器を使え」という回答も多いようですが、質問の内容から考えると単に難聴ではなく、特定の周波数帯が聞こえにくいようにも思えます。
この場合は補聴器で対応するのは非常に難しいと思います。
いずれにしても、医者で正しい診断と治療を受けるのが確実でしょう。

また、ウインカーのリレー音は意図して鳴らしているのではなく、毛かとしてなってしまっているようなものですから、各社とも(特に高級車は)小さくしているようですね。

耳が弱ってきたら、目でフォローするしかないでしょう。

知り合いに電気に強い人がいれば、作ってもらうのも手です。
点滅周期に影響しない程度の電力を分けてもらい、アンプなどを使ってブザーを鳴らすことは可能だと思います。


「補聴器」は考えたのでしょうか?安全の為にも「対策は」必要ですから。「補聴器」をオススメしますが・・・・

友人は、シッカリと、矢印を見ているようです。

外の、パトカーとか、救急車の音が聞こえず、困っています。

リレーで大きい音の出るのは無いと思いますが、ウィンカーのライトに連動させてブザーなどを鳴らす、
もしくは運転席にもパネルと同様のライトを付けるなど工夫したらどうでしょうか。

ウィンカーの音なんでどうでも良いです!
もっともウインカーはパネル上にも点滅すると思いますが・・・・
それよりも 緊急車両など 必要な情報が聞こえないようでは
危険です!
補聴器の使用をお勧めします!

因みに老人は高音域から段々と聞こえにくくなりますので、それは仕方ありません。

聞こえにくいのは、やはり補聴器で増幅するのが妥当でしょう。大きな音になると高音域と言え、聞こえますから・・・・。


実家で一人暮らしをしている高齢の母が、補聴器を購入すると言っているのですが、...

実家で一人暮らしをしている高齢の母が、補聴器を購入すると言っているのですが、値段を聞き驚きました。

きちんと診て頂いて、母に合ったものを作ってくれるらしいのですが、安くても20万円以上で、高ければ50万円程度との事です。
市販してあるものは、聞こえも悪いそうで、上記くらいの値段であれば良く聞こえるらしいと言っています。
年寄り一人なので、ちょっと不安です。

補聴器の事は全くわからないのですが、この金額は妥当なものなのでしょうか?
ご存知の方、宜しくお願いします。




耳鼻咽喉科専門医の資格を持っている耳鼻科医に相談して作って貰って下さい。
できれば補聴器相談医の研修を受けた方に頼んでください。

耳鼻科医がわざわざ訪問して補聴器を売るかどうかをお考えいただければ自ずと答えは出るかと思われます。

万が一買ってしまった場合の対応に役立つサイトはっときます。↓
あとおおよその価格帯が載っているサイトも。
オーダメイドであっても50万は異常な価格と思われます(純金製なら納得ですが・・・)。



妥当かどうかは分からないのですが(物によるから)私が以前ある家電メーカーの
展示会場で見た物は20〜30万円でした。
メーカーは東芝・ナショナル・日立とか言う家電メーカーではなく、
健康器具を扱っている会社との事。
周りで補聴器の必要な者がいないので、試しはしませんでしたが、
補聴器って高い物なんだなという印象を受けました。


高齢者の友人は30万円の補聴器を専門店で買いましたが、結局使い物にならず、コードの着いた家電製品で2万円のを今でも使っています。
高価な物が良いとは限りませんから、耳鼻科医とご相談された方がいいと思います。

生まれつき耳が聞こえない聾唖者は一体どう やって言葉を覚えるのでしょうか?

生まれつき耳が聞こえない聾唖者は一体どう
やって言葉を覚えるのでしょうか?


生まれてすぐ腸閉塞による発熱で両耳全ろうの30男です。
発声練習を幼児期から小学校まで先生からやらされていました。
ろうあ者というのは完全に聞こえない者であって
発声練習を受けても耳は聞こえないのであまり意味ないと思うのが自分の体験からの感想です。
補聴器をつけても音はきこえていても音声の判別ができないので
何を言っているのかわからないのがわずらわしいので日常生活は手話中心です。

うちの次男は生まれつき左耳が無く、耳の穴も開いていません。『小耳症』という病...

うちの次男は生まれつき左耳が無く、耳の穴も開いていません。
『小耳症』という病気で身長が140cm以上になったら
耳の形成手術をすることになってます。
耳の形は手術でほとんど分らなくなるそうですが、
問題は耳の穴で、定期的に通っている病院では耳の穴を開ける
手術も考えているようです。
ただ、以前『耳の穴を開けたのはいいが、耳垂れなど予後が悪くなる・・』
というケースもあると聞きました。
私としては、聞こえるようになるのなら耳の穴も開けてやりたい
と思っていますが(今は左耳はほとんど聞こえていないようなので)、
耳垂れがひどくなったらかわいそうなので迷ってます。
どなたか小耳症の手術のことを詳しくご存知の方いらっしゃいませんか?
手術の内容や費用・手術後のようすなど、なんでもいいので教えていただけたら嬉しいです。

聴力は補聴器を使わないとだめな程度にしか回復しないので、もしもう一方の耳がよく聞こえるのであれば聴力を改善するための手術はしないことが多いそうです。

穴をあけなくても、うまくいけばまるで穴があるみたいに見えるそうですよ。


5歳の娘です。祖母から耳が悪いのではないかとの指摘を受けました。しかし、私に...

5歳の娘です。祖母から耳が悪いのではないかとの指摘を受けました。
しかし、私には普通に聞こえます。色々調べるとサ行は確かに習熟するのは後になるみたいなのですが「さかな」などの発音を聞いても普通です。
しかし耳鼻科にいったところ片方の耳が難聴の疑いがあり、大きな病院を紹介されました。そこでは耳はなんとか健常者レベルらしいのですが、どうも今度は言葉の遅れが相当ひどいらしいです。
そうはいっても普通に会話できるし幼稚園の先生にも言われたことがありません。
最終的には療育センターを紹介されました。このままでは普通教育を受けれないとかで。しかし自分には普通の子供と同じようにしか見えないんですよね。
こういう症状というのは大人になるまで治るんでしょうか?それとも本当にひどい状態なんでしょうか?ネットで調べても「5歳の言葉の遅れ」という項目があまりないので情報を下さい。

>耳はなんとか健常者レベル
とのことですが、その病院でdB(デシベル)で、聴力を教えてもらいましたか?
平均で20〜30dBですと一応健常者レベルと言われますが、場合によっては補聴器を併用される方もいます。
難聴にもいろいろなタイプがあり、本当に軽い難聴でも言語習得前のお子さんには大変厳しい状況があります。
老人などはけっこう重い難聴でもふつうに会話できるのは、その場の状況などで、相手の会話が推測できたりするんです。

あと、
言葉が分かる(何を言っているのか理解できる)のと、
相手の声が分かる(何を言っているのか分からないけれど、声は聞こえる)
のは、実は大きく違うのです。
ママが呼んで振り返っても、聞こえているようで、実はママの声に反応しているだけ、という場合があります。

お子さんの発達の場合は、自己診断は危険です。
大人になれば・・・といっても、大人になるまでに苦労するのはお子さんの方す。
難聴は発見や理解が本当に難しく、幼稚園や保育園の先生が気づくレベルですと、本当に重い難聴くらいでしょうか。
軽い場合は、小学校の高学年の検診で発見されたりします。
そこで「ああ、だから勉強が進まなかったのか・・・」などと理解できたりするそうです。

難聴に関しては別にして、専門家が「言葉の遅れがある」というのであれば、
すぐにでも言語訓練を受けた方がいいですよ。
言語訓練=障害者のような偏見は避けた方がいいです。
人にはだれにでも得意不得意があります。それを見極めて発達を促してあげるのも教育の一つです。

不安でしょうが、今はお子さんのために行動あるのみです。
また、専門家はいろいろと不安にさせることを言いますが、つらいでしょうが全部きちんと聞いて、
納得できることとそうでないことを冷静に判断してください。
行動することで、よりいろいろな情報が入ってくるでしょう。

お子さんを守れるのはあなただけです。がんばって。

私はまだ高校生だすが、私自身が五歳の時とゆうか、小学こうまでわ、
言葉の遅れがひどく、
あまりしゃべれなかったし、三歳ぐらいから、難聴の疑いがあったといってます。
耳のほうは、現在も検査では引っかかるけど、病院ではぎりぎり平気だし、
そんなに気にならないし、問題もないです。





世の中に、自分の子供2人が2人共障害児、しかも別々の・・なんてお宅は我が家だ...

世の中に、自分の子供2人が2人共障害児、しかも別々の・・なんてお宅は我が家だけではない・・と言う事は知っています。でも近所や周りを見渡すと・・2人共どころか元気なお子さんばっかり。何で我が家だけ・・なんて、ため息も出ちゃいます。子供たちは2人共すっごくかわいいです。ゆっくりでも確実に成長して行く2人はそれだけでとっても愛おしいです。でも・・・よその、元気に泣いている赤ちゃん、スタスタ歩く1歳の子、べらべら喋る2歳の子、すっごくうらやましい、と同時になんだかねたましく憎らしく感じてしまう事もあり、自分が恐ろしくなることさえあります。私も普通の子を育てたかったなあ・・もう40歳だし、2人も障害のある子を産んで、3人目なんて怖くてつくれません。本当は3人目も欲しかったんですけどね・・。心配なのは私達夫婦が死んだ後。子供たちを置いて先に死ねないよなぁ。はぁ・・・。同じ思いの方、いらっしゃいますか?

我が家は「子供2人が2人共障害児」ではありません。子供は三歳の娘と二歳の双子の息子です。三人も子供はいますが、誰一人として産声を聞いたことはありませんし、産まれてすぐ家につれて帰ることもできませんでした。みんな産まれてから3ヶ月ほど入院しておりました。
娘は横隔膜ヘルニアという病気で産まれて三日目で大手術をしました。現在は大変元気ですが、もしかしたら死んでいたかもしれないくらいの重症でした。
双子の息子は27週の早産で二人とも1000グラム未満超未熟児でした。一人は聴力の障害があり、補聴器をつけています。
と同じで私もまわりの元気なお子さんを見てうらやましく、ねたましく、憎らしく感じていました。子供を産むまでは、元気な赤ちゃんを産むのは当たり前で、産声だって聞こえて当たり前でした。でも私はテレビでしか産声を聞いたことはありません。テレビで聞くときはいつも涙がでます。
は状況が違いますが、子供は本当にかわいいですね。大変な思いをしているだけに元気なお子さんをお持ちの母親とは違う面で喜びを感じます。我が家では娘がいいウンチをしたときとか、聴力に障害のある子が何度も教えた手話で、父親が帰って来たことを知って玄関に迎えにいったりとか・・・。元気な子ができるほんの簡単なことでもできたときはとってもうれしいもんです。
身勝手な意見かもしれませんが、将来自分が死んだときより、今立派にわが子を育てることを考えて子育てがんばってください。
もしかして、私たちが死ぬ4,50年先は今よりずっといい日本になっているかもしれませんし・・・

◎私は、PCを持っていません。貴方の質問が、私の父に紹介されてあまりにも、境遇が似ていたので、共感してしまいました。

>>世の中に、自分の子供2人が2人共障害児、

◎こちらは、2人共同じ障害です。
貴方の書き込みの通り私も同じ気持ちで、毎日を忙しく過ごしております。
長男は、4歳にして1歳に満たない知能です。長女は3歳で11ヶ月の知能で す。言葉も2人共単語らしい事は、言えません。又、歩行も2人共両手を挙げて フラフラ歩行です。でも感情はあります。2人共何時もニコニコ笑っています。
悲しい時は、泣きます。私達夫婦も夫の身勝手で一時離婚寸前まで行きました。
6ヶ月別居生活、ある時夫が障害者の事で、色々施設を見学したり、我が子より 更に重度の障害の子供達を見て・その子供に父親・母親の接し方に感銘を受けた のか、突然戻ってきて、土下座又、土下座心を入れ替えて180度、子供達に対 しての心ずかいが変わりました。
◎此れを境に色々と私達夫婦でこの病気に対して理解して、今現在遅ればせなが ら、頑張っています。
◎確かに、私達は未だ20代ですが、40〜50・60歳はたまた、私達夫婦が、 死んだら・・・・等も考えました。その時は、誰に迷惑かける事がないように。
可哀想ですが、数十年後に施設に入れて老いた私達夫婦が施設に毎日でも行ける 限り、行こうと決めています。
◎現在は、未だ4歳3歳精一杯の愛情を注いで上げます。だつて!!『神様が私達夫 婦にしか、育てられない子供2人を授けてくれたのですから』今は、この様に夫 婦で、割り切っています。何処に行っても堂々と健常者とは比べません。
◎私達は、選ばれた2家族でしょうか。
めげないで頑張りましょうね。

我が家は、二人(5歳・4歳)とも障害を持っています。
同じ病気ですが症状は二人とも軽度の度合いですが、それでも違いがあります。
二人とも骨を造る機能に問題があるのですが、長男は生まれてから20回近い骨折をしています。次男は疑いを入れると4回です。
専門の先生がいる病院に辿り着いて『軽度』だと言われましたが、それまでは長男が重度、次男が軽度と言われていました。
いまは長男が車椅子を使っており、次男が歩行しているので長男と次男を100%間違えられます。
私自身3人目を希望してますが、遺伝の可能性が高いため恐らく産めないと思います。
今は児童デイサービスを利用していますが、そこでも、兄弟で病気を持っているお友達もいます。

隣の芝生は蒼く見えます。お友達も今まで知らなかったくらい明るく前向きです。
元気で生まれてきても事故や病気で障害を持つ方もいらっしゃいます。
我が子を愛せるのは親の特権です。世界中の誰より、一番愛せる子供がいることに幸せを感じましょ!

子供を置いてでも死ねる環境になってくれれば最高ですが、今の日本には無理です。絶対!!!
だから私たちが長生きが出来るように頑張りましょう!意地でも生きてやる!

障害者の皆さんにお伺いします。 健常者と比べて「平等でない」と感じることはど...

障害者の皆さんにお伺いします。

健常者と比べて「平等でない」と感じることはどのようなことですか?

健常者と平等を主張する方は、高速や、アミューズメント施設の「障害者割引」を
使ったりしないのでしょうか?

うまく言い表せないのですが、障害があることを利用して、
あるときは「健常者と同等の権利を!」と
主張して、あるときは「障害者に優しくして!」と言っているように思います。

私は健常者なので、きっと障害をもっているみなさんの気持ちをわかってないと思うのですが、
でも、健常者から言わせてもらえば、毎日がんばって働いている私たちの税金で、
暮らしていることを感謝したりする気持ちは全く伝わってきません。
逆に「働けない私たちの生活を支えるのは健常者なら当然」という風に感じます。

障害者の皆さんに健常者は、いったいどうすればいいのですか?
障害者が望む平等ってなに?

あなたは、健常者だから解らないかもしれないけどね、障害を持っているということは、健常者以上にとても辛い思いをするんですよね。
障害を持つ人誰だって普通に仕事して年金なしで生きていきたいと思っているはずですよ。
だけど、障害を持っているからそれができないんですよね。
障害を持っている人は、例えば私みたいに聴覚障害の人は補聴器などのお金がかかるし、障害のためにお金を使う機会が多くなるから、障害者割引とか年金があって普通の人と使っているお金が平等になるんじゃないかなと思うんですが。

わたしが望む平等は健常者が私たち障害者に対して、同じように接してくれる気持ちですね。知恵袋の中でもいますが、障害者はキモイですよねなどと差別や偏見をしてくる人が健常者の中にいます。だから、そういう差別をなくしてお互いに思いやりながら助け合えるような社会になってほしいです。だから、あなたもそうなって欲しいですね。

あなたこそ障害者の人にどうしてもらいたいんですか?
あなたの望む平等って何ですか?

それを言ってもらわないとどういうことを聞きたいのかよく分かりませんよ。

もちろん健常者も一生懸命働いていることはあたりまえですが、障害者には働きたくても働けない人もいるのです。
実際、障害を持つ方々はわれわれ健常者には考えも及ばないくらい努力をしています。
障害の程度にもよりますが、通常、われわれにとってはなんでもない日常行う動作でも、障害を持つ人たちにとっては大変なことなのです。

乱暴な意見であることと解って、あえて言わせていただきます。
「ご自身が障害者になってみてください。」

あなたが思う公平って障害のある方に感謝してもらう事ですか?

「平等でない」と感じること
・・・と言うか健常者と比べるまでもなく、
須らく平等な社会は非現実な話やな。よって、回答不能

者割引」を使ったりしないのでしょうか
・・・・人それぞれやろ。聞いてみ、施設の窓口で
いったいどうすればいいのですか?
あははは・・・・・・・・あんたより、ようけ納税してる障害者なんぞ一杯いるよ。あんたこそ、がんばりや。

平等ってなに?
存在し得ない机上の空論やなく、現実をよく見るこっちゃ。



日本社会はなるべく平等になるように努力はしていると思いますが、実際障害者同士でも健常者同士でも完全に平等って事はないですよね。
完璧な平等っていうのは不可能だと思います。
障害者割引とか障害者年金とか見ると、うらやましい気持ちにもなりますが、障害者の方はそれ以上に大変な思いをされていると思います。
健常者の方はやっぱり障害者の方をカバーするべきだと思うし、障害者の方は健常者に謙虚な気持ちを持って頂きたい思いもあります。
障害者の人たちと「障害を経験しよう!!」という企画に参加したことがあるけど、要求ばかり出してきて「もっと真剣にやってくれ!!」と言われ続けて興ざめしました。
障害者の待遇改善を言いたいのでしょうけど、あまり強圧的な言動は余計に反感を生むと思います。

それを言っちゃ健常者の男女差別とかも
同じでしょ?
女性って、女性優遇や割引きその他美味しい部分は当然のように
利用して、都合の悪い時には
男女平等を主張する。
なにもそういう事は障害者、健常者の話に限った事じゃなく、
人間社会、それぞれの立場で利権を主張してしまうものです。

健常者ですが、答えさせていただきます。

私は質問者さんの言う事は的を得てると思いますよ。
他の方の質問でも障害者という事を武器にして、
好き勝手してる人についてのものもありましたし、
私自身もそういう人と出会ったことがあります。

うまく言えませんが、全ての障害者ではありませんが、
一部の障害者には自分の都合に合わせて「私は障害者なんだから」と言い
良い思いをしたり、「障害者差別はするな」と
健常者と平等だと言う人もいるのが
事実ですよね。

憲法にあるんだよ。国民の権利。「健康で文化的な生活を送る権利を有する」って。

平等ってのは、そこの部分のこと。

今の日本の仕組みで、働けない人、社会的弱者を放っておいたとして、
その人たちは健康で文化的な生活を送ることができますか?
障害や病気で、健康・・とは言えないと思う人もいるかもしれないけど、
少なくともそれを求める権利はあるっていうこと。

そのために法制があるんだよ。

日本の制度を支えるのは、国民全体だ。
それがいやならこの国の制度を変えるか、他の国の人間になるかだな・・。

施設の割引や優遇については、各施設の善意もあるだろ。
イメージアップ効果もあるしね。
ありがたく受ければいいんじゃないの?

私は障害者ですが、皆さんの税金を使って暮らすよりも一生懸命毎日働いて暮らすほうを心のそこから望んでいます。皆さんの税金を使っていることに関して、とても感謝をしておりますが、一体誰にどうやってその感謝を伝えればよいのでしょうか。障害者としてこのように税金を使って生活をしていることに負い目を感じていましたが、友人に、障害をもって働かずにくらすより、障害を持たずに働くほうが誰だっていいんだから自信を持って生活しなさいといわれ励まされた事があります。確かに質問なさっている方の意見も的を得ていると思います。障害者の中にも、イイ人悪い人がいますしね。

障害者です。この質問の回答は難しいです。
社会で障害者が平等でないとは私自身は考えていません。文中に「健常者と同等の権利を!」と障害者が言っていると書いてありますが、もしそうであれば障害者自身が差別されないようにどうすれば良いかを先ず考えるべきと思います。障害があって・・・と言う方がいますが確かにそれは事実ですが言い分けに過ぎないと思います。障害者が権利を主張するならば自分自身が努力をし出来ない個所をボラさんとかに援助してもらえば良いと考えます。
また、障害者は各種サービスを受けていますが、それは多くの納税者がいるから成り立っている事を自覚しなければいけないと思います。
障害者が本当に平等を望むのなら、私を含めてそれなりの行動を先にしなければなりません。

貴方の障害者に望む平等って何ですか?
私は障害者です。
障害者みなさんのお気持ちは私は分かりませんが私はもし健常者に慣れるんなら働きたいし自由な体が欲しいです。
割引制度や障害年金もいりません。

障害者が望む平等は当然、自分自身の障害をなくし、健常者と同様の身体能力、及び権利を持つことですよ。実際は不可能に近い事ですけど。
手足による障害なら機械により補う事が可能なため、社会進出も可能です。もちろんいろいろな面で不便ではありますが、人生が狂う程影響はしません。ですが、知的、精神障害だとかなり話は違ってきます。周りは家族を含め白い目で見てきます。
そんな私達ですが、優しくして欲しいのでなく、健常者と同じように対等でありたいと思っています。本質は健常者と同じヒトの心を持っているのですから、ヒトとして社会を生きたいです。時々、健常者を妬んだり、憎んだりします。何せ、自分たちに無い幸せがあるのですから。税金で健常者により生かしてもらっているのは事実です。その事に対してはもの凄く、後ろめたいです、惨めですね。自分で自分を生かせないなんて。

知的障害児の親です。
「平等でない」と感じたことはありません。
優遇はありがたく感じ、普段は人の迷惑にならないように心がけています。
と同時に健常の方からわが子はどう見えるか、客観的に見るようにしています。「まひ」しないようにです。障害からくる奇行が「あたり前化」して、どんなに迷惑をかけても障害者なんだから許してとならないためです。

障害の有無にかかわらず人は自己中な人もいればそうでない人もいて、
障害者もいろいろな人がいます。質問者さんの言ってるような人ばかりではないんです。
でも『自己主張ばかりする人がどうしても目立つ』んです・・・『気をつけて生活してる障害者は目立たない』んです・・・

皆さんの税金を使わせていただいたり、いろんな優遇を受けさせていただいたり、私は感謝してやみません。

私が思う「望む平等」は
「平等な権利=優しさを=生きていくための手助けを」です。
よろしくお願いします。

私は現在オーストラリアに住んでますがこの国はあまり障害を持ってる方と健常者との間に日本と比べて区別はありません。街中も若い女性の健常者と車椅子にのった方が一緒にショッピングをしている光景をよく見かけますし、車道と歩道の段差も車椅子用にあまりありません。市民プールも障害者の方が利用出来るように設備が整っており水中エアロビクスにも健常者、障害者関係なく参加してますよ!しかし、税金がとっても高い!!人が人を支え、支えられる。当たり前の事です。

私の妻は障害があり、私の稼ぎで養っていますが、だからといって「私に感謝しろ!」などといった態度は私はとりません。お互い言いたいことをいいます。(実は今けんかして、私はパソコンで気を紛らわしています)

あなたは障害者に、感謝してもらい、ひれ伏してもらいたい?のでしょうか。まったく関係ないところで満たされない気持ちがあるのでしょうね。

私はよく想像するのですが、太古の昔、縄文時代なんかに障害(狩をしていて骨折とか)を持った人はどうなっていたのかな?
と。殺されてしまうのかな?みんなが手当てしてくれるのかな?
あなたも働いているということは、一種狩をしているようなものですから、いつ立場が変わるかわかりませんよ。

知的障害者を生まない方法があるとすれば
自分も実践してみたいとは思います。
障害者の望む平等は自分が健常者と対等に生きる事でしょうか。知的障害者のいた小学校や中学、そうでない高校で違いますが知的障害者を
受け入れる岡山の或る私立高校があるようです
。うちの父も知的障害者は大事にって言いますよ。身体障害者は健常者に近ければ問題なしで
すが知的障害者は心象風景が他の障害者と異なり独特の世界観があり我々のようにあくせく生きる中で身につく画一的な世界観や人間観を持たず彼等は他の障害者より幸福だと言われます。高校時代は健常者だけなので障害者との接触はあまりありません。


補聴器(ほちょうき)::補聴器



補聴器(ほちょうき)とは、聴覚障害者の聞き取りを補助する補装具である。

補聴器は原理的には、音を拡大する機能だけである。マイクで音を集めて、アンプで音を増幅し、スピーカーで音を発生させる。これを小型化したのが補聴器。個人個人の聴力や使用状況にあわせた補聴器を専門店や医療機関で調節したほうがよい。

補聴器は精密なため、非防水の腕時計と同様に、汗や雨などによる水分侵入に弱い。(一部には、防水の補聴器もある。)




補聴器の種類
補聴器は、パワーを上げ、なおかつ、小さくなるように進歩している。それは、電子工学の進歩と歩調をそろえている。

初期(1960年代)の補聴器は、弁当箱ぐらいの大きさだった。1970年代ぐらいになると、タバコ箱ぐらいの大きさになった(『ポケット型補聴器』という)。いずれも、受信部、バッテリーが収まった箱をポケットに入れていた。そして、イヤモールドとよばれる、耳あなにはめ込む樹脂殻と細いケーブルでつながっていた。
1980年代は、外耳の上部に引っ掛けるような形の補聴器(『耳かけ型補聴器』という)が現れた(外耳の上部に引っ掛ける機具の中に、受信部・バッテリーが入った。これらとイヤモールドは短いチューブでつながっていた。)。
1990年代になると、耳の内部に入れるタイプの補聴器(『耳あな型補聴器』という)が現れた(イヤモールドの中に、受信部・バッテリーなどが全て入った。)。
2000年代になると、今までのアナログ補聴器とは異なるデジタル補聴器が現れた。(アナログ補聴器は、基本的に入った音を全て拡大する。なので、雑音も拡大されてしまう。デジタル補聴器は、人の声を拡大し、雑音をなるべくおさえるように細かく調節できるタイプの補聴器。しかし、最先端の補聴器のため価格がアナログ補聴器と比べて高い。)
現在使われている補聴器の比率は、耳かけ型補聴器が約30%、耳あな型補聴器が約60%。ポケット型補聴器が約10%を使っている。

デジタル補聴器の使用状況は60%ぐらい。

補聴器には、電話の声が聞きやすくなるよう、受話器のスピーカが発する磁気を受信し、その信号を増幅する機能がついているものがある。(この機能がついている補聴器には「T」(テレフォン)という切り換えスイッチがついている。「T」に切り換えると、内蔵マイクからの音声を拾わなくなるため、雑音が低下し声が聞きやすくなる。また、最近では磁気誘導ループという磁界を発生させる装置もあり、そのサービスを提供してもらえる場所では、同じく「T」に切り換えることでクリアな音声を得られる。また、モノラルイヤホンの振動板を抜くなどの改造をして、補聴器用イヤホンとしてiPodなどで音楽を聞く人もいる。
現在、補聴器の電源として、主に空気亜鉛電池が使用されている。

関連項目
人工内耳
骨伝導
磁気誘導ループ
補装具 - 白杖 - 義肢 - 車椅子
身体障害者福祉法

日本の代表的なブランド
リオン(リオネット)
パナソニック
コルチトーン
オムロン

日本国外のブランド
フォナック
GNリサウンド
シーメンス
スターキー
ワイデックス
オーティコン
BAHA
ベルトーン
ユニトロン
バーナフォン

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。